るいもの戯れ言
#560
2018/04/07 09:22

家のWifiルーターは、しばらくNuroから貸与されるものを使っていたのだけど、月に1度は電源off/onしないとおかしくなるし、同時接続数が10しかなくて辛すぎるので、交換することに。

Wifiルーターといえば、NECかバッファローというのが頭にはあったが、さすがにちょっと古い知識なので再度調査してみた。結局、国内メーカーのものは同時接続数が、20程度のものが多くて辛そう。今時、ラップトップに、タブレット、スマホに、スマートスピーカなど、同時接続数が10-20では心許ない。悩んだ末、TP-Link Archer C5400にした。中国のネットワーク機器は、セキュリティがどうのこうのという不安があるが、あれは、半分は米国の言いがかり的なところがありそうだし、世界的に見ると、このクラスではTP-LINKが圧倒的なシェアのようなので、何か変なことをすれば、すぐに大問題になるだろうということで割り切った。設定ツールが、しょぼくて初っ端から不安になったが、一度設定してしまえば特に問題も無く、去年末の入れ替えから安定、高速に動作している。

コメントを書き込む

最初のアルバムが2014年なので、4年くらいかかったことになる。特に最後の30, 31, 32番は、なかなか満足行かなくて随分悩んだ。嬉しかったので、Spotifyで全曲プレイリストを作ってみた。

Spotifyのプレイリストは、同じアーティストだけの曲を集めることは推奨されていないけど、順位が下がるだけで他に弊害は無さそう。全曲聴いても、10時間あまりで、1日あれば聴けてしまうのだなぁ。

コメントを書き込む

この曲も、様々なテーマが次々と登場する。

どのテーマも、ほのぼのとした暖かいもの。

1つ1つは違うテーマなのだが、雰囲気が非常に似ている。

展開部は、最初のテーマが短調で現れる。

様々なテーマが現れるこれまでの初期の作品とは異なり、展開部は基本的に提示部のテーマがきちんと展開される。

再現部は、一通り提示部の内容が繰り返された後、最初のテーマが再度現れて靜かに終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

即興的なロンド。単純なテーマが繰り返し用いられる。

雰囲気が変わってゆっくりとしたテーマが現れる。

ロンドとなっているが、多分にソナタ的で展開部は、このテーマが主に展開される。

再現部の最後に、最初のテーマが変化を伴って現れる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第2楽章は民謡のようなテーマを用いた複合三部形式。最初の主題は物憂げな、あるいは何やら靄のかかったような、すっきりとしない雰囲気。

そのまま最初のテーマが展開される。

ここは、最初のテーマの一部の反転型だろうか。

中間部は暖かな、安堵を思わせるテーマ。しかしやはり何か霞がかかったような、夢の中のような、ぼやっとした風景を感じさせる。実は、ここで既に幻想風ソナタの萌芽が生まれていたのかもしれない。

Codaは中間部のテーマが繰り返されて、霞の中に消えていくように靜かに終わる。

楽譜引用はヘンレ版

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

この曲も初期の曲らしく、経過句のような簡単なテーマが次々と登場する。

このテーマも、とても単純だ。

続くテーマ

ここは、左手で最初のテーマの変形が奏される上に、右手に直前のテーマが重ねられる。

3連符になるが、直前のテーマの繰り返し。

展開部は、最初のテーマが短調で奏されるが、すぐに終わって新しいテーマが現れる。

展開部最後は左手で最初のテーマが奏されるものの、あまり展開部な感じはなく、ほとんどが新しいテーマとその展開に終始する。

再現部は左手に変化が加えられている。

ひととおり再現されたあと、最後は最初のテーマが少しずつ靜かに沈んでいって終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicはこちら。

コメントを書き込む

第3楽章はロンド。初期の頃に何度も試みられていた様々なテーマを出現させる構成が結実している。この曲はまた緩急を効果的に使うことに成功している。

曲は何かに追い立てられるような旋律で始まる。

スケール主体の最初の主題と異なり、アルペジオ主体の主題。

再びスケール主体のものが現れる。

対照的なゆったりとした和音で構成される長調となる。

そしてスケール主体な印象的なクライマックス。

ここも対照的なゆったりとした雰囲気となる。

ここは、最初のテーマの一部が展開される。

最後に、曲の終わりを感じさせるテーマが2つ現れて展開される

最後の最後にゆっくりとしたテーマが現れる印象的に終わる。

楽譜引用はヘンレ版

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第2楽章は、暖かな春の日差しを思わせるような優しい旋律を持ちいたロンド。ロンド形式は、これまでは速い楽章で用いられることが多かったので、これも新たな試みの1つなのだろう。

短調となるが、深刻な感じとはならずに引き続きのどかな雰囲気が続く。

最初のテーマが伴奏に少しアレンジが入って繰り返される。

再度短調となる。ここは次第に激しさを増していくが、深刻な感じはなく、通り雨が通り過ぎていったかのよう。

再度、最初のテーマ。やはり伴奏にアレンジが入っている。

経過句のような短かなパッセージが入って靜かに終わる。

楽譜引用はヘンレ版

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

有名な悲愴ソナタ。7番で4楽章制に回帰していたが、8番では3楽章制に戻っている。曲はGraveの序奏で始まる。この序奏は単なる序奏に留まらず曲全体で使われる。

序奏内でもテーマの展開は始まっている。長調の出だしと激しい短調の組み合わせは、葛藤を思わせる。

序奏が終わり、左手のトレモロの上に、最初のテーマが現れる。ここはpで音量を抑えていることが絶大な効果を上げている。

2つ目のテーマも、前半後半に分かれており、やはり何か葛藤を思わせる。

繰り返しの後、展開部に入る前に序奏が再度現れる。

展開部が始まり最初のテーマが展開される。

左手で不気味な音型が繰り返される。

ここでは最初の主題の後半部分が展開される。

再現部を経て、最後にもう一度序奏が現れた後に、最初のテーマが奏されて劇的に終わる。

楽譜引用はヘンレ版から

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第4楽章は、ロンドだが全般にメロディらしいメロディが無く即興的だ。最初のテーマは曲全体を通して繰り返して用いられる。

次のテーマも音階をベースとして捉えどころがない。

次は半音階。

最初のテーマが帰ってきた後のこのテーマも簡素なものだ。

最後は、なかば唐突に終わりを告げる和音が現れて靜かに終わる。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む
1 / 13