るいもの戯れ言

15番は、通奏低音が特徴的な曲で一般に「田園」という通称で知られる。

この曲も初期の曲と同じく、色々なテーマが登場する。

 

特徴的な2つ目のテーマは最初は幻想的な雰囲気の中に浮かび上がるかのようで、メロディーらしきものが見当たらない。

その後にテーマが現れる。

展開部も長調のままで開始する。

展開部は、最初と違って新しいテーマは使われずに、提示されたテーマが繰り返し使われる。

再現部。

一通り再現が終わった後に、もう一度最初のテーマが現れて終わる。

楽譜引用はヘンレ版。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第1楽章から第3楽章まで、静かでゆっくりとした楽章から、激しく速い楽章へと昇華していく。これまでの曲には珍しく最後の楽章も、きっちりとしたソナタ形式で書かれている。

最初のテーマはアルペジオ主体で旋律らしきものは無いが、最後の2つの和音の前の音にだけスフォルツァンド指定が付くことで、大きな緊張感を作り出してている。

 

次のテーマは最初のテーマと対照的に旋律的だ。

 

ここも和音を主体に、大きな緊張感を作り出すことに成功している。

展開部は長調で始まるものの、緊張が緩和することは無い。

ここでは左手にテーマが現れる。

最初のテーマが繰り返された後、アルペジオ主体のクライマックス。

そしてアダージョを経て、嘆くかのようにテーマが繰り返されて劇的に終わる。この曲は、第1楽章に絶大な人気があるが、やはり第3楽章が傑作だろう。

楽譜引用はヘンレ版

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第2楽章は、無理に明るく振る舞っているかのような短かな楽章。

トリオも長調で、あまり雰囲気は変わらないが、後半はやるせないよう諦めているような感じのテーマとなる。da capoで戻って最初のテーマが繰り返されて終わる。

楽譜引用はヘンレ版

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中で最も有名な曲の1つ。アルペジオ主体で明確なメロディが無く、強いて言えば左手の進行がメロディらしき存在。

そしてppで微かな印象的な符点の音型が浮かび上がる。

曲は、特に大きな展開もなくずっと同じ雰囲気が続く。最後は左手に同じ音型が現れる。

楽譜の引用はヘンレ版。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第3楽章は、序奏を伴っている。序奏はゆっくりとした風を感じさせる。

序奏が終わると対照的な速い主部が開始される。

非常に単純なアルペジオだた、曲全体で繰り返し使用される。

ここもアルペジオ主体の単純なテーマが元気良く奏される。

ここで左手に現れるテーマは、最初のテーマの変形と思われる。

ここでは右手に現れる。

ここも最初のテーマの変形。

最後に終わりを告げるテーマが現れてクライマックスに逹っする。

序奏部が繰り返されて、劇的な効果を上げている。

最後はプレストで華々しく終わる。

規模的にも単純なテーマを様々に活用するスタイルも、オーソドックスなベートーヴェンのソナタの完成が見られる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第2楽章は、アルペジオ主体の速い楽章。

極めて単純なパッセージを縦横無尽に展開する様は見事だ。

中間部も非常に単純なパッセージで見事な効果を上げている。

再度最初のテーマが繰り返される。最後は、8分音符分のずれを伴って劇的に終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

ここから「幻想曲風ソナタ(SONATA QUASI UNA FANTASIA)」というタイトルが付くようになる。

霧の中をゆっくり進むような、和音を主としたテーマで始まる。

和音の中にテーマが浮かぶ。

ここも和音主体であるが、少し雰囲気が変わる。

ここで突如として高速なパッセージとなるが、やはりアルペジオ主体で和音へのこだわりがある。

最初のテーマが繰り返されて終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

ベートーヴェンのピアノソナタには、時折、このような調性が薄く速い、即興的な楽章が登場する。明確なテーマは無く、混沌とした中にメロディがたまに顔を見せる、印象的な楽章だ。

左手にテーマらしきものがあるが、発展するわけでもなく消え入ってしまう。

ここもリズムが印象的だが、発展性は無い。

中間部も、相変わらずテーマらしきものは無く、押し流されるように進んでいく。

最後に、終わりを告げるテーマが現われて静かに終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第3楽章は葬送行進曲。ある英雄の死を悼むと記載がある。重厚な和音の進行で始まる。この和音の解釈が演奏上は結構迷う。上から2つ目の音を旋律として見るのか、一番上の音を旋律として見るのか、箇所によってそれらを変移させるのか。

中間部は、長調になって大音量となり、日本人的には、これが葬送行進曲なのか? と不思議になるが、英雄の死を悼む時には太鼓や弔砲などが奏されるので、その表現なのかもしれない。

中間部が終わると、同じテーマが繰り返される。あまり展開は無く、粛々と進む。

最後に終わりを告げるテーマが現れて静かに終わる。

楽譜引用はヘンレ版から。

Apple Musicの方はこちら。

コメントを書き込む

第2楽章はスケルツォ。元気の良いテーマが様々に展開される。

様々なテーマを繰り出すこれまでのソナタと違い、最初のテーマが何度も使われる。

ここでは左手にテーマが現れる。

トリオも長調が続くが、和音ベースの柔らかなもの。

楽譜引用はヘンレ版。

Apple Musicの方はこちらから。

コメントを書き込む
1 / 14